目 次

2.交通事故の慰謝料

慰謝料とは、死んだ人に対する遺族の悲しみや、痛い思いや辛い目

にあったことを慰めるためのお金になります。

慰謝料は、3 つの交通事故損害賠償のうちの1つですが、積極損害

や消極損害とは違い、財産的な意味合はありません。

ということは、民法上積極損害や逸失利益・休業損害のような損害

は、財産を侵害されたことへの損害賠償と見ることが出来、金銭的

評価も比較的しやすいのですが、慰謝料は生命や身体を侵害された

ことへの損害賠償ですので、金銭的に評価することは大変難しくな

ります。

生命や身体(痛み・感情・悲しみ・怒り)には金銭に評価するため

の価格がありませんので、交通事故損害賠償の中では一番厄介なも

のと考えて差し支えないと思います。


後遺障害慰謝料には2 種類の支払い基準が存在し、

強制保険の役割である自賠責保険の支払基準は、

社会通念上常識的基準である地方裁判所基準と比べ、かなり少ない

金額であり、そのことを被害者が知っていれば、不足分を請求でき

ます。

しかし、地裁基準を知らない被害者は、そのまま自賠責基準での

示談となり、大損します!!

慰謝料の算定法は1 種類ではなく、傷害慰謝料(入通院慰謝料)

も、やはり2 種類の支払基準が存在します。

「何日通院するといくら慰謝料がもらえるの?」の話になるわけで

すが、どちらの基準で計算するかで、後遺障害慰謝料と同様、大き

な差が出てしまいます。


次項有 『示談交渉を勝ち取れ!裏技慰謝料計算!赤鬼の「ザ・慰謝料」【完全版】』の詳細はこちら


続きはこちら 



何かご質問・問い合わせがございましたらこちらからお気軽にどうぞ。





posted by ケンタロー at 22:45 | 交通事故慰謝料 レビュー